風水的な住宅の色

風水的な住宅の色とは

住宅の色は風水がポイントです

風水とは中国が発症の陰陽道に基づいた考え方ですが、色と方角が重要なポイントになります。ただ住宅に応用する場合には部屋の方角は決まっている事が多いので、そこにどのようなカラーのインテリアを置くかがカギになります。例えば西の方角に金を置くと金運が良くなるなど様々な物がありますので、自分がどのような効果を得たいかによって工夫する事が重要になります。また玄関は清潔にした方が良いなどの方法もありますので、住宅に風水を取り入れる際には方角とそこがどの様な部屋なのか、またそこに置くべきカラーなどがポイントになると言えます。

風水の凶方位と不浄スペースで

住宅は、一般的に本命卦によって定められる活力が沸き積極的になれる良い気の流れがある吉方位と障害が多く活力が減退する悪い気の流れがある凶方位を用いる八方風水が用いられていますが、国土の狭い日本の場合建築用地の広さに制限がある為、プランニングの際には絶命や五鬼、六戮、禍害などの凶方位にトイレやバスルーム、キッチンなど住宅の不浄とされるエリアが重なってしまい、どうしても避ける事が出来無いケースがあります。その際には、風水の三支合通気法などを用いて、凶方位の不浄スペースを常に清潔を保ち新しい気を取り入れる工夫をします。

↑PAGE TOP